2021/04/12
2021(令和3)年度 「第10回 関東大学春季大会」「第9回関東大学オールスターゲーム」について

関東ラグビーフットボール協会主催「第10回 関東大学春季大会」についてお知らせします。

 新型コロナウィルス感染症が今なお蔓延している中、2020年度の経験と安心・安全を考慮し、以下の通り実施することとしました。

 

《開催概要》

◆実施期間:2021年5月2日(日)~6月27日(日)

◆出場チーム

2020年度秋季戦の

 対抗戦Aグループ、リーグ戦1部、対抗戦Bグループ1位、リーグ戦2部1位 計18チーム

Aグループ:対抗戦Aグループ・リーグ戦1部の各1~3位扱い

Bグループ:対抗戦Aグループ・リーグ戦1部の各4~6位扱い

Cグループ:対抗戦Aグループ・リーグ戦1部の各7・8位、対抗戦Bグループ・リーグ戦2部の各1位

◆対戦形式

各グループ内で「対抗戦vsリーグ戦」の3試合を実施

順位決定を行わない。勝ち・負け・引き分け(他、中止)で表示する。

◆競技規則

・2020年度WR制定の競技規則による。

・試合時間は40分ハーフとし、ハーフタイムは12分以内とする。

・ペナルティートライ(PT)は、7点としコンバージョンキックは実施しない。また、トライ1・ゴール1扱いとする。

・試合中にアンコンテストスクラムに変わった場合でも、試合は継続される。

 その原因を作った側のチームの得点は記録される。勝敗には影響しない。

・競技区域内にいるプレーヤーの内、外国籍選手は3名までとする。但しリザーブ選手に人数制限は設けない。

※試合の登録人数は26名とする。また、26名の中でフロントローのファーストインジャリーに対応できる登録となっていること(新型コロナウィルス感染症対応特別ルール)※

◆招待試合を除き、全試合無観客とする。

◆新型コロナウィルスの感染拡大状況や政府の方針、各自治体の判断により、日程を急きょ変更する場合がありますので、予めご了承ください。

 

「第9回関東大学オールスターゲーム」につきましては、複数の大学が集合してチームを構成することから安心・安全性を保持することが難しいため、各大学関係者と協議・合意の上、「中止」する事を決定致しました。大会開催を楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、中止のお知らせとなり、誠に心苦しくはございますが、ご理解の程、お願い申し上げます。

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ公式動画サイト

TCL総合順位more

2021/4/3最終順位
順位 チーム
1 豊田自動織機
2 近鉄
3 コカ・コーラ
4 清水建設
5 釜石SW
6 栗田工業
7 九州電力
8 マツダ
9 中国電力

TCL Aグループmore

2021/3/14更新、最終順位
順位 チーム 勝点
1 近鉄 15
2 清水建設 5
3 釜石SW 5
4 栗田工業 4

TCL Bグループmore

2021/3/13更新、最終順位
順位 チーム 勝点
1 豊田自動織機 20
2 コカ・コーラ 15
3 九州電力 9
4 マツダ 5
5 中国電力 1

対抗戦 Amore

2020/12/6最終結果
順位 チーム 勝点
1 明治大 24
2 早稲田大 24
3 慶應義塾大 20
4 帝京大 16
5 筑波大 16
6 日本体育大 8
7 立教大 4
8 青山学院大 0

リーグ戦 1部more

2020/12/6最終結果
順位 チーム 勝点
1 東海大 24
2 流通経済大 24
3 日本大 24
4 法政大 16
5 中央大 10
6 大東文化大 6
7 関東学院大 4
8 専修大 4