2018/07/25
【7/27〆切】8月菅平夏合宿レフリー派遣について
※7月27日期限

長野県菅平高原での8月中旬から下旬の合宿期間中は、多くの練習試合が行われますが、菅平に滞在するレフリー数が少なく、レフリーの確保に苦労されていると思います。

そのため、菅平合宿の関東大学チームの練習試合へのレフリー派遣要請に対して、可能な限り対応するために、今年も以下の手順でレフリーの派遣調整を行ないます。

各チームにおかれましては、合宿期間中の練習試合の計画を立てて、所定の手続きにてレフリー派遣申請を提出くださる様お願いします。

申込期限内に申請書を提出頂いたチームに対してレフリー派遣調整を図ります。

なお、菅平に滞在するレフリー数に限りがありますので、日にちによっては、ご要望に応えることができない場合もありますので、ご承知置き下さる様お願いします。

―記―

1.レフリー派遣申請対象
関東協会所属大学チーム(対戦相手は不問)
2.派遣委期間
2018年8月13日(月)~8月31日(水)
3.レフリー派遣申請
(1)チームより添付―1「レフリー派遣申請書」にて所定を記載の上、以下のアドレスにメールにて申請する。
   (電話申し込み及びFax等では受付けしません。)
    送信先:referee@rugby.or.jp
  【申請上の注意点】
   ① 対戦チーム間で決定した試合を申し込む。(見込みで申し込みはしない)
   ② 対戦チーム間でレフリー派遣申請担当を調整して重複の申し込みはしない。
   ③ 関東協会所属以外の他地域大学との試合は、どちらがレフリーを手配するかを決めて関東協会所属
      大学が手配する分のみを申請する。
   ④ チーム内紅白戦、OB戦及びAD、スクラム練習等にはレフリーは派遣しないので、チームで個別に
      手配調整をする。
(2)受付期限:7月27日(金)*期限厳守

   3項の手順及び期限以内に申請されたチームの試合について、関東協会レフリー委員会にて、日本協会、
    関東協会都道県レフリー研修会計画及び関東協会レフリー個人のスケジュールをもとに、レフリー派遣を
調整して、チームに対してレフリー派遣スケジュール表及び連絡先リストを送付する。
4.レフリーへの謝金について
  菅平で試合を割り当てるレフリーは、原則として交通費及び滞在費は自己負担ですので、チームから試合の
レフリー謝金を支払う様にお願いします。
  *研修会から派遣するレフリー:5000円/試合
  *自主研修で派遣するレフリー:8000円/試合(宿泊費相当)
  注:レフリー派遣欄に研修会もしくは個人と注記します。
5.その他
  昨年までのケースでは、見込みで試合のレフリー派遣申請を行い、直前でキャンセルするケースが
  散見されました。
  複数回キャンセルしたチームへのレフリー派遣は中止しますので、事前調整及び試合計画を行い、
  レフリー派遣申請を行なう様お願いします。
  相手チームとの重複手配(他地域協会からのレフリー派遣を含む)が無いように重ねてお願いします。
6.問い合わせ先
  不明点及ご質問等ありましたら、関東協会レフリー委員会窓口にご連絡下さい。
   メールアドレス referee@rugby.or.jp
以上

TCL 2nd Aグループmore

2017/12/24更新、勝点はAP含む
順位 チーム 勝点
1 Honda HEAT 18
2 日野自動車 10
3 三菱重工相模原 6
4 九州電力 0

TCL 2nd Bグループmore

2017/12/23更新、勝点はAP含む
順位 チーム 勝点
1 マツダ 15
2 中国電力 10
3 釜石SW 10
4 中部電力 0

対抗戦 Amore

2017/12/3更新
順位 チーム 勝敗
1 帝京大 7勝
2 明治大 5勝2敗
2 慶應義塾大 5勝2敗
2 早稲田大 5勝2敗
5 筑波大 3勝4敗
6 日本体育大 2勝5敗
7 青山学院大 1勝6敗
8 成蹊大 7敗

リーグ戦 1部more

2017/11/26更新、最終順位
順位 チーム 勝点
1 大東文化大 28
2 東海大 25
3 流通経済大 22
4 法政大 16
5 中央大 16
6 日本大 13
7 拓殖大 10
8 関東学院大 10

TCL 1stmore

2017/11/25更新、1stステージ最終順位
順位 チーム 勝点
1 Honda HEAT 35
2 日野自動車 28
3 三菱重工相模原 24
4 九州電力 18
5 釜石SW 13
6 マツダ 11
7 中国電力 5
8 中部電力 0

トップイースト Div1more

2017/11/26更新、最終順位
順位 チーム 勝点
1 栗田工業 42
2 東京ガス 34
3 横河武蔵野 33
4 清水建設 33
5 ヤクルト 26
6 秋田NB 22
7 セコム 15
8 クリーンF 8
9 明治安田生命 6
10 日本IBM 0